GoogleマイビジネスはGoogleビジネスプロフィールへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleビジネスプロフィール新機能活用法をご紹介

まえがき

Google社は、Google検索上やGoogleマップ上に店舗情報を表示し、管理できる無料ツール「Googleマイビジネス」のサービス名称を「Googleビジネスプロフィール」に変更すると発表しました。

Googleマイビジネスはこれまで、Google社が注力し毎月のようにアップデートや新機能リリースを行っていたサービスでしたが、今回の名称変更のタイミングで大きく仕様も変更されることとなります。
本記事では今回の変更によって何が変わるのか?店舗はどう対応していけばいいのか?を中心にGoogleビジネスプロフィールの活用法をお伝えします。

GoogleマイビジネスはGoogleビジネスプロフィールへ

まずは、名称ですが先に記述した通り、「Googleマイビジネス」(通称:GMB)が「Googleビジネスプロフィール」(通称:GBP)に変更になりました。
この発表は、2021年11月4日にGoogle社から出された情報で、 はっきりとどこかのタイミングから完全に切り替わるということではなく、徐々に仕様や名称を変更していくようです。

Googleビジネスプロフィールの変更点を3つご紹介

最も重要な仕様に関しては、変更点が大きく3点あります。
1つめは、2022年中にマイビジネスアプリが廃止になることです。
詳細は未定ですが、スマートフォン向けアプリの「Googleマイビジネス」のサービス提供が終了となる予定です。

2つめは、従来のGMB管理画面であった部分が、多店舗やチェーン向け機能として「ビジネスプロフィールマネージャー」という名称に変更される点です。名称は変わるものの機能や中身は現状維持の予定です。

3つめは1番大きな変更点で、検索・マップ画面からの直接編集が可能となることです。
自店舗を管理するGoogleアカウントにログインしている状態であれば、管理画面に入らずにGoogle検索画面から店舗情報の登録編集を行うことができる仕様になりました。

これまではGoogleマイビジネスとして規模感に関わらず店舗情報を管理画面から編集するツールでしたが、これからは管理画面に入らずともデータの閲覧や編集ができるようになりました。
今後はビジネスの規模に合わせて活用方法を変え、小規模ビジネスや個店管理は検索画面から直接、多店舗やチェーン店管理はビジネスプロフィールマネージャーの管理画面に入り、一括で投稿作業する方法が運用しやすいのではないでしょうか。

Googleビジネスプロフィール、今後の活用方法

ここまで、GoogleマイビジネスからGoogleビジネスプロフィールで変化する仕様を見てきました。
まとめると、Google社は旧GoogleマイビジネスをGoogleビジネスプロフィールに名称変更しており、店舗の規模感によって、情報編集等の作業方法を変え、より手軽に使いこなせるための仕様変更を行っています。

今後の活用として、一括作業と個別作業の使い分けが重要だと考えられます。
従来は多くの多店舗チェーン店では本部による一括の運用がなされていましたが、今後は個別での作業が手軽になった為、店舗ごとにオリジナリティのある投稿をし易くなりました。
営業時間や定休日等の店舗情報は本部で一括して行う、商品紹介やセール情報等は個々で行う等の使い分けや併用がおすすめです。

まとめ

このような変化から見て取れるように、Google社はこれからもGoogleビジネスプロフィールにより注力し、店舗管理側・ユーザー側ともに、より使いやすいツールになっていくことが予想されます。例えば直近ですと、「やがてビジネスプロフィールとメールアドレスがリンクされ、Googleからのお知らせがプッシュ通知で届くようになる」という発表がGoogle社から出てきています。

今回追加された新機能により、小規模ビジネス・個店舗オーナーの情報発信が増え、競争が激化することが予想されるため、より一層Googleビジネスプロフィールの店舗情報拡充・発信が重要になります。
今、注目度が増しているGoogleビジネスプロフィール、
新たな変更や追加機能が発表された際には随時この場でも発信してまいります。

また本サービスに関して、お困りごとご不明点ございましたらお気軽にお問合せください。

株式会社オムニバス
S DIV.担当
Mail:info@e-omnibus.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加